用水にぬつと顔出す残り鷺

歩いて通りがかったちょっと深めの用水路から鷺の首がぬっと出てきた時の句です。驚いたの何のって、近くで見ると鷺の顔は大きくて怖い。ところで、この鷺は何と言えば良いのだろうかと帰って調べたら「残り鷺」が出ていた。なるほどなあ、これだ、、、。どうにかこうにかブログの引越し作業が終わりました。同じ状態にしたつもりなのですが、もしかどこか変なところにお気づきでしたら教えてください。疲れた~、、、。(2014年冬詠)

「用水にぬつと顔出す残り鷺」への2件のフィードバック

  1. 引っ越しご苦労様、お疲れ様でした。
    昔から科学が好きでいろいろと作業して来た牛二さんにとっても難敵でしたか?
    特に変わったところは無さそうですが、気付けば連絡いたします。

    鷺も渡り鳥なのですね、知らなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です