句碑あらば裏を見る癖石蕗の花

一月も今日で終わり、早いですね、、、。これも退職前の四国での句です。石蕗は初冬に咲く花で、実際この辺りではすでに枯れきっていますが、四国赴任中は一月でもずいぶん目にしました。それも自生しているのでしょう、なんでもない山道で見かけることがよくありました。掲句は昨日の句と同じ日、ついでに巡った別の札所寺での句です。やはり句碑の足元には石蕗の花が、、、。(2011年冬詠)

「句碑あらば裏を見る癖石蕗の花」への4件のフィードバック

  1. 石蕗の花は四国松山では海岸近くなどでよく見かけましたね。
    見慣れていたからそれが今時分から咲いていたのかどうかは記憶が定かでありません。
    慣れって怖いですね。

  2. 芭蕉の句碑を6カ所ほど見て回ったことがあります。由来を調べるため、必ず裏を見ましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です