待春の瀬戸の大凪小凪かな

四国勤務のころ、毎週渡っていた瀬戸大橋、余島のパーキングエリアでの句です。遅かろうと早かろうと、とにかく余島で止まって海を見ていました。あの年は寒かった。新年から雪の中を走って行った記憶があります。懐かしいです、、、。(2011年春詠)

「待春の瀬戸の大凪小凪かな」への4件のフィードバック

  1. 松山に長く住んでいて、年末の帰省の時には雪を気にした事を思い出します。
    最近はそんな事がめっきり減りましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です