千年の齢の藤や根の若し

散歩に行く河川敷の水際に自生している山藤が花をつけ始めました。むせるような濃い匂いが漂っています。水際で登るところがないので地を這っているのが少しかわいそうですが、強いものですね、、、。掲句の藤は倉敷阿智神社の藤、本当は千年も経っていないそうです、、、。(2016年春詠)

「千年の齢の藤や根の若し」への2件のフィードバック

  1. 阿智神社の藤は立派な木なのでしょうね。
    数年前に行った九州は唐津城の藤の木も随分と立派でした。
    きっとこちらの木の根も若くしっかり栄養分を吸収しているのでしょう。
    https://icotto.jp/presses/397

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です