法然の真筆やさし春燈下

誕生寺の宝物殿に見つけた法然上人の書、真筆とのこと。優しい字が並ぶ、が読めない、、、。(2016年春詠)

「法然の真筆やさし春燈下」への2件のフィードバック

  1. 昔の人は鉛筆やシャープペンシル、ボールペン等は無く筆一辺倒だったのだろうから当たり前なのかもしれませんが達筆ですね。
    それにしてもさらさらと書かれた文字の判読は全く持って至難の業、昔の人は読む方もすらすらだったのでしょうか?
    それとも自分達と同じ様に難儀したのでしょうか?
    どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です