七人に傘の七色七変化

津山の紫陽花寺、長法寺吟行での句。あの時は皆様遠いところをお疲れさまでした。俳人の味方、雨の吟行でしたね。あれから毎年出かけていますが、今年も16日、雨の中を行って来ましたよ。まだ少し早いように思いましたが、おりしも紫陽花まつりの初日で、次々に人がみえていました。その時の写真を一枚、参道の突き当たり、薄田泣菫の碑があるところの紫陽花です。(2010年夏詠)

「七人に傘の七色七変化」への2件のフィードバック

  1. 面白い句ですね。

    私が紫陽花なら長法寺といつも言っているので、和裁の友達がきものを着て遊びに行く予定です。彼女たちは、きものを着てぶらぶらするだけで満足するようです。私は一時間で七句とか怒涛の句会が控えていないと満足できません。性格はぜんぜん違いますが仲良しですよ。

    1. 着物ですか。紫陽花にも増して華やかでしょうね。
      先日も雨に中の参道で着物姿のモデルさん(?)らしい女性がポーズをとっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です