小春日やデイサービスへ母連れて

母がデイサービスのお世話になりだし、ぬり絵やおり紙の作品を見せられた時には、正直言って寂しかった。それも今は昔のこと、亡くなってみれば、ただ懐かしい。(2001年冬詠)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です