畦焼の煙わが家の二階まで

どちらが先にあったかというと田圃のほうだから、我家は文句を言えないが、ちょっと迷惑、いや大分迷惑な煙である。家が増えて田圃が減って、だんだんと煙が減って行くのも寂しい気がする、、、。おねしょをすると叱られながらも火遊びは好きだった。今考えてみれば危ないことですね、、、。(2011年春詠)

「畦焼の煙わが家の二階まで」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃の火遊びはともかく大人になっての火遊びは問題です。
    昔の子供は風呂焚きのお手伝いなどでマッチも身近だったけど最近の子供はそもそも身近にマッチもライターも無いから火遊びをしたくても出来ないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です