暮早し眉月高く光り初め

冬至。日の暮れがもっとも早いのは冬至よりも十日ほど前のようだ。掲句はそんな早い日暮れの頃、見上げた空に眉月が次第にその光を増し、存在を明らかにしていくのだった。ちなみに今年の今日は旧暦11月20日だから、月は既に満月を過ぎ、痩せ始めて朝の西空に残っている頃だ、、、。(2010年冬詠)

「暮早し眉月高く光り初め」への2件のフィードバック

  1. 何故だかわからないけれど黛ジュンが歌った夕月を思い出しました。
    川向こうのS君家に遊びに行った時、下宿生のお姉さんの部屋から黛ジュンの恋のハレルヤが流れて来た事も思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です