目覚むるはホテル小窓を打つ時雨

四国赴任中の句、あれから二年かと思うと懐かしい、、、。その四国でお世話になった方から年末に食べきれないほどのみかんが届いた。その方が昔津山でお世話になった方が私の近所で、そこにも届けて欲しいとのことなので持っていった。声をかけたが、玄関は開いているのに留守だった。四国からの手紙が入っているので分かるだろうと、玄関に置いて帰った。しばらくして今度はその方が家へ来られた。「届けてくれてありがとう。これは他からの貰い物だけど」と、林檎と洋ナシと純米酒を出された。私はみかんを200mほど運んだだけで、申し訳ないと思いながら、それも遠慮なくいただいた、、、。みかんを四国から我家まで運んでくれた、もと部下のN君、ありがとう、、、。(2011年冬詠)

「目覚むるはホテル小窓を打つ時雨」への1件のフィードバック

  1. 短い期間の四国勤務だったと聞いているけれど元部下からそんな贈り物が届くとは人徳です。
    その上林檎に洋ナシ、純米酒とはうれしさ倍増ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です