給水車休ませてゐる花の下

吉井川の支流の小さな川沿いに桜並木がある。どこにでもある桜並木で今時めずらしくも無く、まして平日ともなれば、満開の花の下にも人影は無い。ちょうど昼時だったか、通りがかるとその花の下に給水車が一台止まっていた。オレンジ色の給水車が不思議と満開の桜に合い、花の下で昼寝でもしているように見えた。しばらくして用事を済ませて再び通りかかると、給水車は二台に増えていた、、、。(2013年春詠)

「給水車休ませてゐる花の下」への2件のフィードバック

  1. 今年の桜も終わりが近づいて来ました、また来年も楽しませてもらいたいものです。
    醍醐桜はこれからでしょう、もう一度満開の状態で見てみたい気持ちが有りますが、最近は花見客で大渋滞と聞きます、行きづらいです。
    給水車とは珍しいですが、どこに給水するのでしょう?

    1. さてどこでしょう?私にも、、、。
      今朝も寒かったです。薄氷、晩霜と、山は見えませんでしたがたぶん雪も。
      醍醐桜も満開が近いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です