緑蔭の風に預くる五感かな

国道53号線の道の駅くめなんでの句。暑い日だった。句会からの帰りにちょっと休憩、大きな欅の木の下のベンチに腰を下ろすと、心地よい風が身体を撫でて行く。途端に全身の力が抜けていくような感じ、「もう俳句なんかどうでもいいか」と、しばらくはその風に浸っていたが、そこはそれ、しっかりと一句拾って帰った、、、。(2013年夏詠)

「緑蔭の風に預くる五感かな」への2件のフィードバック

  1. 木陰を通り抜ける風の気持ち良さはエアコンの比では無いですね。
    四国は北条のゴルフ場の売店前の床几に寝転んで風を受けた時は、牛二さんと同じ様にゴルフを止めてこのまま昼寝をしていたいと思ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です