カーテンをふわり五月の風通る

五月は何と言っても風の季節ではなかろうか。風に泳ぐ鯉幟であったり、風に鳴る矢車の音であったり、そして開け放った部屋のカーテンを悪戯っ子のように吹き上げて通る風。良い季節になった。(1998年夏詠)

「カーテンをふわり五月の風通る」への2件のフィードバック

  1. 昨夜泊まった娘婿が今朝『走りましたか?』と早朝ジョギングを誘ってくれました。
    5月の空は良く晴れて気温具合も適度で気持ちよく走れました。
    わざわざ靴も持って帰っていたそうです。
    秋のひろしま国際平和マラソンも一緒に走れそうで、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です