母さんと呼ばるる女将冬ぬくし

「室戸」その6 寂れた国道55号線沿いにはほとんど店がなく、やっと見つけた小さな海の見える食堂、何かは食べられるだろうと入ると、片隅に数人の中年の男が話している。どうやら酒が入っているらしい。「「いらっしゃいませ、何にしましょう」と立ってきた女将は、口調は若そうだが見た目は十分に年を召している。目の前の黒板に日替わり定食の文字が見えたので、迷わずそれを頼み、ストーブがあったので、その傍の席に座った。ストーブの上には小ぶりのサツマイモが美味しそうに焼けていた。厨房で油の音をさせ定食用に鯵のフライを揚げている女将を、男たちは「母さん」「母さん」と呼び、女将は器用に男たちの話に相槌を打つのだった、、、。(2011年冬詠)

「母さんと呼ばるる女将冬ぬくし」への2件のフィードバック

  1. 「男はつらいよ」のワンシーンのようですね。牛二さんは、こういう隠れ家のような食堂を見つけるのがうまいんじゃありませんか?

    1. うまくは無いですが好きです。
      ようするに安いところが好きということですね。
      だから街の中でもついつい裏通りへ、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です