待春や声の元気な郵便夫

私が子供の頃の郵便配達は自転車でした。朝から配り始めて、一日かけて山奥の行き止まりの家まで配るのですが、私の家に来るのがちょうどお昼頃でした。だから郵便屋さんはいつも私の家でお弁当を食べていました。お弁当を食べて一服して、家の大人たちと世間話をして、それからまた出発して行くのでした。それは配達が自転車から赤いバイクに変わるまで続きました、、、。掲句、久しぶりに「郵便です!」の元気な声を聞いた時の句、もちろん「ご苦労様!」も元気に返しましたよ、、、。(2013年冬詠)

「待春や声の元気な郵便夫」への2件のフィードバック

  1. 郵便屋さんはいつからバイクに変わったのでしょう?
    毎日牛二さん家でお昼を食べて行くとはよほど居心地が良かったのですね。
    お茶など出しておられたのですか?
    いろいろな話をしながら休憩するのが楽しみだった事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です