山頂へ車登れず山笑ふ

例によって知らない山道を走っていると、ふと見た山上に建物とパラボラアンテナが見える。なんだろう(?)行ってみるかと、ちょうど走っていたところが麓の舗装された新しい道だったこともあって、そこを目指すことにした。ナビを見てもそれらしい建物は無く、そのうち上り口があるだろうと思っていたが、一向にそれらしいところが無い。そうこうしているうちに上りだった道は下りになり、気が付けば国道まで出てしまった。まあこんなもんだろう、、、。(2013年春詠)

「山頂へ車登れず山笑ふ」への4件のフィードバック

  1. 狭い山道を車で登って行ったのだけれどもついに走れない位狭くなって引き返したという話かと思った、Uターンが大変だっただろうなと心配したけれど、登り口が見つからず素通りしてしまったという事ですね。
    次回は徒歩で登ってみますか?

  2. 私の場合は、本日中古のパソコン(牛二さんのいわれる7です)が来まして、きょとんとしています。お仕立てのブログはさくさく見ることができるようになりました。HPはしばらく古いパソコンで更新する予定です。メールが全部消えてしまったので、空メールを送ってください。細帯が好評でまた頼まれたので、今度はほどく前の写真を撮っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です