春昼のたつぷりと水使ふ音

近所から聞こえてきた音。蛇口から勢いよくバケツの底を打ち、その勢いのままに音の高さが低く変化し、溢れる寸前のところで蛇口がしまる。ほんの少し間が空き、その水を勢いよく丸ごと何かにかけるような音。少し間が空きバケツを置く音、また蛇口から勢いよく水が、、、。と、それが何度も繰り返される。まったく声は聞こえない。わざわざ見にも行けないのだが、その水の使いっぷりが何とも気持ち良く聞こえてくるのだった、、、。(2013年春詠)

「春昼のたつぷりと水使ふ音」への2件のフィードバック

  1. 昨日は随分気温が上がり車に乗っていると暑い位でした。
    これだけ春めいて来ると水を使う事も苦では無くなりますね。
    桜もいよいよ開花の準備に入った様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です