南天の葉までも赤し寒の入

小寒です。南天にもいろいろな種類があります。葉が赤くなるのも種類によるのかと思うのですが、この時季に赤くなった葉を見ると、何だか寒さに耐えて赤くなっているような気がして、こちらまで寒くなってしまうのです、、、。(2017年冬詠)

日矢下りてあらたかなりし初社

毎年の初詣、落合の木山神社での句。長い石段を登り、鳥居をくぐると正面に社殿が少し見上げる形であります。やれやれと思って見上げた時に雲の間から日矢が二すじ社殿に下りて来ました。なんだかありがたい物を見たような気分でした、、、。(2017年新年詠)

御慶まづ交はす深山の明烏

明けましておめでとうございます。いかに平凡な日々かと分かるような昨年の元旦の第一句です。でも考えてみれば平凡が一番、また一年マイペースで歩んでいきたいと思います。本年も変わりませずよろしくお願いいたします、、、。(2017年新年詠)