深曇る空より垂れて棕櫚の花

昔は田舎ならどこにでもあったと思う。それは棕櫚縄であったり、葉っぱを使った蠅たたきだったりの需要があったからだろう。私の実家の前にも一本植えられていて毎年毎年伸びて行ったが、高くなり過ぎたのか、百姓を止めたからか、気づいた時には切られていた。掲句は車で走っていて見かけた棕櫚の木、傍にある廃屋の屋根よりも高く、花房の黄色が際立って見えていた、、、。(2018年夏詠)

牛蛙グウと一声沈みけり

ブォーッ、ブォーッ、と低い声で鳴く牛蛙、声も大きいが図体もでかい。もともと食用として輸入されたものらしいから、今更嫌われても牛蛙に責任はない。何度か頂いた(と言うか食べさせられた)事があるが、味は白身の鶏に似た味で美味しい。かと言って、自分で捕まえて食べようとは思えないのが牛蛙。掲句、県北の名園衆楽園での句。池の縁で眠っていたり鳴いていたり、多くの牛蛙が見られる、、、。(2018年夏詠)

この頃のバナナ美味しき朝の卓

国内産のバナナが話題になったのは一昨年ぐらいだったろうか。我々庶民の手の届くような値段ではなかった記憶がある。掲句はスーパーに売っている安物のバナナ。とは言え、安物安物と馬鹿にする事なかれ、最近は種類も豊富で味も一昔前とはずいぶん変化している。個人的な好みから言えば、青い物より完熟して皮が黒くなったぐらいのほうが美味しく感じる、、、。(2018年夏詠)

行く春や幟たどればぼたん寺

「ぼたん寺」と称して多くの観光客を集めている寺が近くにあります。ちょうどこの時季が花期、道沿いには「ぼたん祭り」の幟が立ちます。行くなら早め(花期の早め、一日の早め)がおすすめです。と言いながら今年も行けていない私です。明日はもう立夏、、、。(2018年春詠)