塵芥車さつさと狸拾ひ行く

我が家を出てすぐの所で輪禍に遭った狸が動けずにいた。まだ命はあるので、ダンボール箱に入れて我が家のカーポートに連れて帰った。動けるようになれば自分で居なくなるだろうと思っていたが、次の日の朝には冷たくなっていた。市の担当課に電話して事情を話す。すぐに取りに行きますと言うので、場所と念のために電話番号を伝えて、ダンボール箱ごと出しておく。十五分後ぐらいだったか、車の止まる音がしたので慌てて出てみると、もうダンボール箱ごと無くなって、車も見えなくなっていた。早い!なんでもこうだと良いのだけど、、、。(2016年冬詠)

スコップで狸入れられ塵芥車

狸は動作の遅い動物です。そのくせ人懐っこいものだから、人里近くに住み着いては輪禍に遭うのでしょう。掲句は出張で53号線を岡山へ走っていて目にした景です。作業をされている方の無造作ぶりが印象に残っています、、、。狸汁などと言いますが、実際は臭くて食べられないとか、狸はしばらく土に埋めておいて料理すれば臭みが取れるとか、子どもの頃に聞きかじった大人の知恵ですが、実際のところはわかりません。(2001年冬詠)