まんべんに日当たる河原行々子

今年も賑やかです。よくあれだけ鳴けるものだと思うぐらい、朝から晩まで鳴いています、、、。(2019年夏詠)

「まんべんに日当たる河原行々子」への4件のフィードバック

  1. 行々子、どれがそうだか正直分からないけれど名前からすると葦の叢で鳴いているのでしょうか?
    朝ランで時々見かける、道路脇のアンテナに停まっている鳥はホオジロと知りました。
    鳥の名も花同様分からないです。

  2. 葭切はなぜ鳴いているのだろうか。あの葦の中で恐らく自分とフィーリングの合う恋人を探しているのだと思う。鳴くのは雄だけなのか?とすれば素敵な雄の声を聞きつけた雌が声の方へ飛んでゆくのか‥‥。葦の中では恋人同士の情熱的な舞台が繰り広げられているんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です