秋うらら猫の繰り出す猫パンチ

我が家の今年の居候猫はちょっと手ごわい。油断をすると痛い目に遭う。まあ、土手の草むらで野生で育った猫だからこれぐらいでないと、とは思うし、それが面白くてちょっかいを出すのだが、、、。(2018年秋詠)

稲刈つて轍の深き汁田かな

刈田となった田圃にコンバインの深い轍。農家の人は大変だ。刈りたい日に合わせて水を落し、それでも雨が降りそうなら予定より早く刈らなければならない。たぶんそんな作業の後だったのだろう、、、。(2018年秋詠)

堂々と構へ動かぬ穴惑

今年は少なかった、と思っていたら今朝の散歩途中に轢死の蝮、さらにそこから十歩も行かぬ間にまた蝮。さすがに夜が涼しくなったので、蝮が暖を求めてアスファルトに出て来るようになったようだ。これからしばらくは注意が必要、草の中には入らないようにしよう。掲句は昨年出会った大物、、、。(2018年秋詠)

老犬の遅し秋の蚊道連れに

人間が普通に歩くと蚊はついて来られないから刺される事は無いと何処かで聞いたような記憶があります。でも老犬はそうは行きません。狙われるのです。同じ速度で歩いていても、私より犬のほうが狙われます。気づけば追っ払ってやるのですが、少し経てばまた、、、。(2018年秋詠)

秋旱草にとどめの除草剤

空模様のはっきりしない日が続いていますがこんな句を。我が家はペットがいますので基本的に除草剤は使いません。でも使いたくなる時はあります。伸びた雑草が旱で青息吐息になっているのを見ると、今除草剤を撒くときっと効果抜群だろうなと、ふと思うのです、、、。(2018年秋詠)