へくそかづらばかり元気に育つ庭

実家の庭は空家にしているせいで雑草が多い。生えて成長を始めた頃は葉っぱの形から山芋かなんかだと都合の良い事を考えていた。花が咲いた。なんて事は無い、ただのへくそかづら、別名“灸花”だった。残念、、、。(2023年夏詠)

ぬかるみし道に木耳らしきもの

一雨降ると当分はぬかるんでいる河川敷の公園の道。乾けばどうって事ないが、それまでは茸が密生してヌルヌルで危険。転びそうになる。この茸、よく見れば木耳にそっくり。まさか本当に木耳ってことは、、、。(2023年夏詠)

水張りしままの休田根無草

どうやら植えるつもりが苗が足りなくなって水を張ったままの休田になったらしい。そんな事もあるのかと驚いたが、そこに他の田と同じように浮草が育っている。水は張られているが水口は閉じられているから、残念ながらこの田の浮草に流れて行く先は無い、、、。(2023年夏詠)

水涼し手先浸せば魚寄り来

実家の前の谷川には鮠やその子の小魚が泳いでいます。比較的大きい魚は人影を見ると岩の間に隠れてしまいますが、メダカほどの小さな魚になると人間お構いなしです。流れに手を浸すと寄って来ます。何もないと分かればまた散っていきますが、、、。(2023年夏詠)