包丁の痩の年月去年今年

掲句の包丁はかれこれ25年ほど前、初詣に落合の木山神社へ行き始めた頃、境内の屋台で買った、新見の松水と言う刃物屋さんのものです。以来研ぐのは私の役目、刃の欠けも何度も研いで直しました。さすがに痩せて、他の包丁に比べるとずいぶん軽く感じます。それでも手放せないのは、愛着でしょうか。刃物にはそんなところがありますね。まるで我が人生のよう、なんて、研いでいて思った時の句です、、、。(2012年新年詠)

「包丁の痩の年月去年今年」への2件のフィードバック

  1. 私の包丁は広島へ来てから買ったものだから20年弱でしょうか?
    有次の牛刀です。
    やはり以前に比べると痩せて来たと思います。
    料理人が細く小さくなった包丁(というよりナイフ)を使っている様子を見ると年月と愛着を感じますね。

    1. TVなんかで見るナイフですね。
      料理人の手と一体になったように動いて格好が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です