神官の砂利踏む木靴天高し

今日は神官の本職のほうの句です。浅葱色の衣装に烏帽子、木靴を履いて境内の砂利の中を拝殿へ。真青な空の下、、、。(2019年秋詠)

「神官の砂利踏む木靴天高し」への2件のフィードバック

  1. 神宮の砂利?てっきり神宮球場の話と思って読んでいましたが、砂利で気付き読み直し。
    神官でした。
    木靴というとオランダのそれを連想します、今でも利用されているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です