炭竈の人なく上るうす煙

美咲町の本山寺へ行く途中の道端に小さな炭竈があります。生業としての炭焼きではないのでしょう、いつ見ても人の姿はありません(滅多に通りませんので無理もありませんが)。この時も人の姿は無かったのですが、煙は出ていました。色が薄かったので、炭焼きの作業としては終盤だったのでしょうね、初冬の山らしい景でした、、、。(2012年冬詠)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です