竹垣をこぼれ山茶花まつ盛り

昔、この地に引っ越してきた頃、近くに小さな造り酒屋がありました。高い煙突があって、表の広い入口を入ると染み付いたお酒の匂いがして、声をかけると奥から上品なお婆さんが出てこられる酒屋さんでした。ほどなく造るのを止められ、しばらく売店だけをされていましたがそれも止められ、古い建物を一掃して竹垣のあるしゃれたお屋敷が出来上がりました。思い起こせばその新しい家になったのも、もう十年以上前になるのです。奥へ奥へと路地に沿うその竹垣が少し崩れて間から内側の山茶花が零れ、、、。(2016年冬詠)

「竹垣をこぼれ山茶花まつ盛り」への2件のフィードバック

  1. 小さな酒蔵が製造を止める、酒どころ西条でも自分が初めて酒祭りに行った20年位前に比べると蔵の数が減っています。
    日本酒の消費量そのものが減っているそうですから仕方ないことながら、寂しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です