蒲公英の一つに一つ小宇宙

先日、散歩の途中で小学生の男の子が話しかけてきました。「タンポポがきれいじゃなあ。タンポポには黄色と白があって、黄色は外国から来たタンポポなんじゃ。白色が日本のタンポポで、僕は白のほうが好きなんじゃけど、今はめったに無いんで。去年橋の所に一つだけ咲いとったから今日行ってみたらちょっと増えとった。うれしかった。きれいじゃったで。行ってみて。」どこの子か知らないけど、このまま育って欲しいものです、、、。(2018年春詠)

「蒲公英の一つに一つ小宇宙」への4件のフィードバック

  1. へー!
    男の子うれしくてたまらなくて話しかけてくれたのでしょうね。
    来年はもっと増えているといいですね。

    1. この会話の前にも桜を見て「きれいに咲いたなあ。もうちょっとで満開じゃ。満開のほうがもっときれいじゃからなあ」と、まるで大人のような事を、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です