ほととぎす程よき距離に向山

数は減ったけど今年もまた聞けるかな。現役で働いていた頃は、さあ出勤と玄関を出ると聞こえて来る声が楽しみでした。夏を告げる声、ちょっと耳をすませば聞こえる距離が、ホトトギスにはちょうど良い、、、。(2018年夏詠)

「ほととぎす程よき距離に向山」への2件のフィードバック

  1. ホトトギスというと俳句の世界では有名な雑誌、今も発行されているのでしょうか?
    現役の時にもホトトギスの鳴き声を意識しながらの出勤とは、当時はもう俳句を始めていたのですか?
    うぐいすの鳴き声は知っていますが、さてホトトギスの鳴き声ってどんなだったろう?

    1. はい、発行されていますよ。
      ホトトギスは俳句より前、子供の頃から親しんだ鳥です。
      子供の頃は家が山の中でしたし、学生時代は学生寮の近くに森がありました。
      距離的には今がいちばん山から遠く、だから余計に聞こえるとうれしく、耳を澄ませてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です