晩春の祢宜装束の薄緑

なんて言う色かな、薄緑でいいのだろうか、そんな事を思いながら眺めた境内を掃除する祢宜の着物の色。日本古来の物だろうから、色にも何かふさわしい呼び名があるのかも知れない、、、。(2019年春詠)

「晩春の祢宜装束の薄緑」への4件のフィードバック

  1. 昔からの装束に使われている染料は自然由来のものだろうけれどその種類は沢山で、それぞれに名前が付けられているそうですね。
    揚句の薄緑色はさてどういう名前なのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です