争ふて空の乱るる赤蜻蛉

今年は長梅雨で少し遅かったように思いますが、普通の年だとこの辺りでは七月の終りに赤とんぼの群が見られるようになります。たぶんミヤマアカネです。私の田舎では年寄が「ぼにとんぼ(盆蜻蛉)」と呼んでいました。郷愁を誘われる蜻蛉です、、、。(2019年秋詠)

「争ふて空の乱るる赤蜻蛉」への2件のフィードバック

  1. 昨日の午後。猫額菜園で青い糸トンボと共に赤トンボも見かけました。
    ぼにとんぼとは昔の人らしい表現ですね。

    1. 好きな言葉です。
      今日墓掃除に帰って来ましたが、盆蜻蛉はまだでした。
      そのかわり実家の前の小川で翡翠を、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です