霙るるやひたすら眠る川の鳥

最近散歩で会うお年寄りの女性、犬が苦手らしく早くから避けて待っていてくださる。足が悪いらしく、いつも杖二本を使ってゆっくり歩かれている。最近引っ越して来られたらしく、挨拶をすると、「会うのがいつも同じ時刻やねえ」と関西なまりが返って来た。「毎日歩かれているんですか?」「ええ、足腰があかんようになったら困るからねえ。」「そうですよ、歩くのが基本ですからね。気をつけてしっかり歩いてください。」「ありがと!」とまた元気に歩き出された、、、。掲句は昨年の寒い日、、、。(2014年冬詠)

「霙るるやひたすら眠る川の鳥」への2件のフィードバック

  1. 走っていて時々出会う老夫婦、話しをした事は無いけれど挨拶はする。
    奥様の方が丁寧に深々とお辞儀されていたのだが、最近は見かけない。

    変更されて直ぐは、名前とメールアドレスが自動表示されて入力の必要が無かったので便利だった。
    今は都度入力が必要、以前の形式になりませんか?

    1. あれっ?そこが変わりましたか、いじったつもりは無かったのですが、、、。
      ちょっと勉強してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です