掃除機のコード手を打つ年の暮

だいたい嫌々やっているからこんなことになるのだろうが、掃除機をかけ終わってコードを巻き取ろうとスイッチを押したときの句、、、。(2015年冬詠)

「掃除機のコード手を打つ年の暮」への2件のフィードバック

  1. 嫌々でもやるから偉いですね。
    そういえば、私の父はよく掃除機をかけていました。
    冬場はこたつの布団を上げて隅々まで丁寧な仕事をしていました。
    嫌々では無く自らすすんでだったのでしょう。
    そんな資質を息子は受け継いでいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です