時々は甕の目高のさわぎけり

庭を掃いていると、時々水のはねた音がする。あれっ、どの甕かな?と見渡しても、どの甕の目高も静かに泳いでいるのです。またしばらく掃いていると音がする。今度こそ、と思って見るが、やっぱり静かなままなのです。こんなふうに今の私に時間は流れていきます。(2012年夏詠)

「時々は甕の目高のさわぎけり」への2件のフィードバック

  1. 沢山のメダカを育てているんですね。
    深めの甕だと横から見て楽しむことは出来ないと思います。
    甕と言っても浅めの水盤の様なものですか?

    1. はい、増えるのも減るのも自然の摂理に任せています。
      火鉢2個、漬物用の甕2個、ひびの入った備前3個の計7個です(笑)。
      当然ですが、横からは見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です