汽車二つ過ぐるを数へ朝寝かな

どうしても起きられなかった朝の句、こんなことまで句に出来るありがたい季語です、、、。(2016年春詠)

「汽車二つ過ぐるを数へ朝寝かな」への2件のフィードバック

  1. 線路わきに住んで居られる牛二さんは列車の音を時計代わりに生活されているでしょうから、汽車二つだとまだこの時間とゆっくり安心して朝寝が出来たでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です