廃屋を閉ざすが如く茨の実

散歩途中にある砕石場跡地の廃屋、周囲がしだいに草木に覆われて見る影もない。道べりにある入口の前に野茨がちょうど有刺鉄線のように生えていて、鍵も無く半ば開きかけたドアもこれじゃあ泥棒も入れまいと言った感じになっている。その野茨に赤い実が、、、。(2019年秋詠)

「廃屋を閉ざすが如く茨の実」への2件のフィードバック

  1. 正に廃屋、正統派の廃屋ですね。
    入れるのは空気と小動物だけですか。
    全国的に廃屋が増えていると聞きます、野茨の赤い実なら、ゴミ屋敷よりはまだましですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です