間延びして深山の鴉霧晴るる

どうやら朝霧の季節に入ったようだが、それでもまだ真冬ほどではなく八時頃になると晴れて来る。途端に気温が上昇し、散歩も歩きやすくなる。山の烏の声にもまだ冬の厳しさはなく、鳴き合う声に余裕が感じられる、、、。(2019年秋詠)

「間延びして深山の鴉霧晴るる」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です