裏窓の光求めて冬の虫

光を求めて行きついた所がここだったのだろう。硝子に阻まれて力尽きたのだろう、じっとしている。名前を知らない昆虫、、、。(2019年冬詠)

「裏窓の光求めて冬の虫」への2件のフィードバック

  1. もっと光を!
    あのゲーテの最期の言葉だとか。
    虫君も同じ気分だったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です