浅春の湯気立ててゐる朝の屋根

大霜の朝は野山はもちろん家々の屋根も真っ白です。そこに太陽が当たると一気に屋根の温度が上昇するのでしょう、霜が融けて水蒸気になってもやもやと昇って行きます。春の霜ならではの光景です、、、。(2020年春詠)

「浅春の湯気立ててゐる朝の屋根」への2件のフィードバック

  1. 昨日も今日も比較的暖かい朝ですね。
    明日からはまた寒い日になるとか、老体は暖かい春が待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です