古硝子の外に風あり柳の芽

倉敷美観地区の観光案内所、古硝子の窓の向うに川沿いの柳の木が見える。風があるのだろう、微妙にゆがみの見える古硝子に合わせるように向うの柳の芽が、これも微妙にゆがみながらゆれる、、、。(2020年春詠)

「古硝子の外に風あり柳の芽」への2件のフィードバック

  1. 倉敷美観地区にある全国の珍しい美味しいものを集めて販売している平翠軒、その二階の喫茶室の窓ガラスが正に挙句のそれです。
    松山は萬翠荘のガラスもそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です