深秋の日差に匂ふ醤油蔵

酒蔵の匂いもいいが、醤油蔵の匂いも捨てたもんじゃない。食欲をそそられる。日本の匂いだなあと思う、、、。(2020年秋詠)

「深秋の日差に匂ふ醤油蔵」への4件のフィードバック

  1. 大きな木製の樽に入って熟成を続ける、蔵中に漂う醤油の香りですね。
    山口県柳井市の甘露醤油は、一度出来上がった醤油に再度麹を加えて、もう一度発酵を続けるという製造方法で作られる醤油、見学させて貰った事があります。

    1. 考えてみれば発酵って不思議なものですね。
      酒蔵にも醤油蔵にも惹かれます。
      ちょっと遅れて味噌蔵も、、、。

    1. ありがとうございます。
      古い事ですが中学時代に醤油工場の側を自転車で通学していました。
      今はもうありませんが、いまだにその匂いが忘れられないでいます。
      昨年車で走っていてその同じ匂いがしてきて昔を思い出して句にしました。
      すみません、走っていたのがどこだったか、それが思い出せないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です