撫牛の背ナのつるつる初社

毎年行く神社の手水舎脇にあるブロンズ製の大きな撫牛、背中はいつもピカピカです。コロナ禍でもピカピカです、、、。(2021年新年詠)

「撫牛の背ナのつるつる初社」への2件のフィードバック

  1. 小水石を穿つ、というけれど、柔らかな人の手でもブロンズの牛の背をツルツルにするのだからすごいですね。
    努力に勝る天才無し、継続は力なり、牛二さんの犬と歩けばも同じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。