囀を仰ぎて上る米寿坂

倉敷阿知神社の米寿坂。数えた事はありませんが米寿坂と言うからには八十八段でしょう。いつも鳥の声が豊富で、必ず何度か立ち止まって上を見ます。と言えば聞こえはいいのですが、実は急階段で一気には登れないのです。今が古希です。実際に米寿になった時にこの階段を自分の足で登れたら立派だと思うのですが、仮にその頃生きていたとしても、その頃には倉敷まで出かけていく事もままならない状態でしょうね、、、。(2021年春詠)

「囀を仰ぎて上る米寿坂」への2件のフィードバック

  1. 昨日は、左膝が歩くたびに痛んで、びっこをひきながら帰宅しました。
    米寿で登る米寿坂ですか、出来ると良いですね。
    スイミングで鍛えて実現されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。