肌脱の肩に接種の跡二つ

昨日の続きのような句になりましたが別の場面です。今もするのでしょうか、、、。(2021年夏詠)

「肌脱の肩に接種の跡二つ」への2件のフィードバック

  1. 肌脱ですか、これもまた初めて知った言葉です。
    揚句から、自分の腕を見てみると小さな跡が一つ残っていました。
    コロナもBCGの様に永い免疫力を持つ方策は無いものなのでしょうか?
    それが可能なら、腕に跡が残るくらい無問題なのにな。

    https://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?ids=20030804&tit=%94%A7%92E&tit2=%8BG%8C%EA%82%AA%94%A7%92E%82%CC

    1. 私が見たのはプールのロッカールームで見た筋骨隆々の男の肌脱です。
      その肩の接種跡が何とも面白くて句にしたのですが、飯島晴子さんの句とは比べ物にならないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。