鬼やんま見てゐて見られゐるやうな

見事な大きさ、自信のある飛翔、鬼やんまは見ていて飽きないですね。そんな鬼やんまが先日裏の用水路に来て、チョンチョンと尻尾を浸ける、卵を産む動作をしていました。この用水路、冬には水が無くなるのです。それでも大丈夫なのかなあ、、、?(2021年秋詠)

「鬼やんま見てゐて見られゐるやうな」への2件のフィードバック

  1. 鬼やんまの飛ぶ姿は見事ですね。
    そんな鬼やんまが、冬には枯れる場所に卵を産むとはどうなのでしょう?
    水は枯れても卵の中は問題無しの様な気もします。
    ヤゴになった時に水が無いのはまずいかな?
    どうなのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。