八朔や手焼きの皿に指の跡

焼物に詳しい訳ではありませんが、見るのは好きです。本当は欲しいのですが、良い物はそれなりの値段がしますので、見るだけになります。名古屋の親戚に寄った時、毎年行くという瀬戸物祭の話になって、いろいろ見せてもらっているうちに一枚だけ気に入って、貰ってしまいました。名のある焼物ではないのですが、くっきりと指の跡のある皿です。(2000年秋詠)

「八朔や手焼きの皿に指の跡」への1件のフィードバック

  1. 大阪に住んでいた頃、実家への帰り道に備前に寄って徳利を購入しました。いいなと思うものは高く、安いのはなんとなく今一、結局中程の値段の物にしました。
    その後、再度同じ店でぐいのみを購入。冬場はもっぱら燗を付けて楽しんでいます。
    東京単身になって池袋の工芸品の店で備前の片口の器を見つけ、見ると徳利とぐいのみの作家のものでした。欲しいと思いつつ値段がそれなりなのであきらめたものの気に成って何度か通ううちのある日、期末セールだったか?値が少し下がっていたのでついに手に入れました。単身中、ほうれん草のごまあえでもこの器に入れて食べると一味上がった気になったものです。
    くっきりと指の跡が有るのが何故なのか良く分かりませんが、気に入った器が手に入って良かったですね。愛用して美味しい食事を楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です