芋虫も泣くや悲しきことあらば

芋虫を見ていたら、ついこんな句が出来てしまいました。一寸の虫にも五部の魂、虫にだって泣きたい時はあるだろう。(2009年秋詠)

「芋虫も泣くや悲しきことあらば」への2件のフィードバック

  1. うーん?芋虫が泣くか否かは分かりませんが秋は感傷的になるという事ですか?
    我々も人生の秋を通過中でしょうか?そらならば秋晴れの爽快な人生にしたいものです。

    1. 根がポジティブなのか、人生の秋とは思わないのですが、それでも感傷的になることは何度もありますね。
      生きながらスズメバチに肉団子にされている姿なんか見ると、自然の摂理とはいえ、いろいろ考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です