傘の雪ガード下まで来て落とす

雪の日は徒歩通勤と決めていました。会社までは20分ぐらいかかったでしょうか。会社のすぐ手前に高速道路のガードがありました。いつもの路地を抜けて国道を渡り、このガード下まで来て傘の雪を落すのです。雪にもよりますが、20分も歩くと傘には重いぐらいの雪が積ることがありました。それをバッサリ落すのも小さな楽しみでした、、、。(2002年冬詠)

「傘の雪ガード下まで来て落とす」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃は随分と親しんだ雪ですが、最近は余り縁が有りません。
    こちらも時々は積もりますがそれでも2・3cm程度です。
    かまくらを作りたいという子供の頃の夢とは縁遠い生活です。

    1. そう言えばかまくらは夢でしたね。
      こちらへ来ても、真似事ぐらいは出来ましたが、なかなか入れるまでは、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です