七草やB定食に回鍋肉

「看板に”うどん”と書いてあるのに中華料理の店、ウエイトレスも中国人で、日本語があやふや、B定食を頼んだらA定食が出てくる。」というので、昼食を食べに行ってみました。確かに”うどん”の看板があり、出てきたウエイトレスは片言の日本語、迷わず「B定食」を頼むと、出てきたのは入口に出ていたサンプルの”B定食”でした。あれっ、別におかしくはないね、、、。ボリュームはあるし、味もそこそこ、結局気に入って四国にいる間は週に何回も通うことになりました。昼食時はいつもほぼ満席でしたが、夜に行くとほとんど客はなく、短髪の若い料理人が作務衣姿で賄いの夕食をとっていたりしました。これなら”うどん屋”でもいいか、と思いましたが、彼もしゃべるのは片言の日本語でした、、、。<阿南6>(2012年新年詠)

「七草やB定食に回鍋肉」への1件のフィードバック

  1. お気に入りにお店が見つかって良かったね。
    単身赴任中は池袋の安い居酒屋に良く行ったのだけど、やはり中国人店員が結構いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です