猛暑日の凄み増したる空の青

猛暑の日の空は、青を通り越して暗ささえ感じてしまう。そこにあるのは底知れぬ宇宙の力のようなもので、ちっぽけな地球を焼き尽くそうとしているかのようだ。そんな猛暑日が今年も続いている、、、。(2012年夏詠)

「猛暑日の凄み増したる空の青」への4件のフィードバック

  1. 京都高台寺のライトアップで見たお庭の池が凄かったです。
    頭上に広がる空を写してどこまでも深く暗く、吸い込まれそうになる気がしました。
    人生で見た景色に中でも一番の衝撃的なものでした。
    牛二さんが見たらどういう句が出来るでしょう?
    是非見てもらいたい、そして一句ひねってもらいたいです。

    1. 良いものを見られたようですね。
      一度見てみたいですが、感動が強すぎると句にならないかも知れませんね、、、。

  2. 猛暑が続きますね、そんな日の空の表現を「凄み増したる」と言いきって素晴らしいです。初心者紫野なら ついつい深い色で表現しようとして躓きます。いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です